一般的なはじめたばかりの人向けのFX取引の教科書では「損をした場合はナンピンを入れることによって、ポジションの平均を価格を低くする」などとアドバイスしていますが現実にはそれには大きな危険が待っています。最初に、ナンピンの方法についてごく簡単に述べておきます。一例として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いということで円安に推移するほど利益が大きくなるわけですが、思っていたのとは逆に1ドルが95円までドル安が進んだとします。そのままの場合持ち続けたとしたら損がなくなるまでには、円高になった分ドル高に動く必要があります。誰もが、マイナスは早急に0にしたいと思います。この状況を変えるためはじめに注文したのと同じ分のドルを、買い増しする。そうしたら、平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。結果として、半分の幅で円安に進めばマイナスを取り戻す事が出来ます。これが、ナンピン買いの理屈です。こういうふうに、ナンピンのやり方を目にすると「納得だ」という考えになるが相場は容易には問屋を卸しません。初めから、95円以下にならないとは、なんびとも分かるわけがありません。外国為替市場がかなり強い円高傾向だとすると1ドル95円では下げ止まらずに、円高ドル安が進む可能性はあります。一例として、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、1ドル=95円までドル安が速んだらナンピンした分についても損失が生まれてしまいます。この状態では、一番初めに買ったドルと合わさって倍の損失が生じる事になります。それほど、ナンピンは難しいです。では、外国為替市場が己の脚本とは逆の方向にみるみる向う場合、どの手法で危機をコントロールすればいいのでしょうか。こういう時には選択できる術は2つあります。ひとつはあきらめて、損を確定する事です。もうひとりは、今、自分が持っているポジションを縮小することによって、もう一回市場が元のようになるのをひたすら待ち望むことです。かなり弱腰の術だとおっしゃる方もいるだろう。だがしかし、自分の買いポジションに差損が生じた場合、最も正しい対策はこの他にはありえません。確かに、理論としてはナンピン買いするという対策もあると思います。だがしかしナンピン買いは、あなたがマイナスになっているのにポジションを減少させるどころか逆に買いポジションを増やしていく手段です。それでは、危険性を回避することなど、どう頑張ってもやりようがないと考えたほうがいいです。ナンピンをし続ければ最終的には勝てるかもしれない。でも、それ以前にお金がマイナスになってしまいます。